押し花について

皆さんは子供の頃、或いは小学校での理科の授業で押し花を作ったことがありますか。恐らく皆さんの多くが、子供のとき押し花を作って遊んだり、或いは学校の授業で押し花を作ったことがあるのではないかと思います。それは例えば四葉のクローバーであったり、タンポポであったりするのではないでしょうか。最近日本でも広く認知されてきたプリザーブドフラワーや昔からあるドライフラワー等と共に、押し花は人類が花を長期間鑑賞して楽しむための一つの手段として、古くから親しまれてきました。ここで皆さんが小さいときに親しんだことがあるであろう押し花について、話を進めていくことにしましょう。押し花とは、分厚い本等の間に花や葉をはさんで乾燥させ、外形を保つことです。また、そうした作業を経て出来上がった花や葉自体のことを押し花と言うこともあります。私達の多くがちょっとした趣味として押し花を楽しむ他、これを芸術として鑑賞する人もいます。押し花と言っても普通の人達が趣味として楽しむもの以外に、学術的な標本との押し花、或いは押し葉もあります。後者の押し花についてはかなり専門的で複雑な作業となるので、ここでは前者の押し花について簡単に紹介していきます。
皆さんの多くが小さいときに押し花を作ったことがあると思いますが、どうやって作ったか覚えていますか。ここでは押し花の作り方を簡単に説明します。
まずは当然ながら押し花にしたいと思う花や葉を採集します。押し花にしたい花や葉が決まったら、水気を軽くふき取ります。水気は押し花の大敵なので、注意します。その後その花や葉を辞書等の分厚い本の中に挟みます。この際花や葉が重ならないように注意します。
その状態で数日が経過すれば、押し花が完成します。そうなると押し花を挟んでいた本から押し花を剥ぎます。これで見事な押し花が完成しているはずです。
押し花は古くから学術的な標本として作られるだけではなく、趣味としても多くの人に楽しまれてきました。押し花は古来から多くの人に親しまれてきましたが、それは現在も変わっていません。現在でも世界中に多くの押し花の愛好者がいると言われていますが、押し花は古くからのポピュラーな趣味であり、且つたいへん手軽であるため、現在世界で一体どのくらいの押し花愛好家がいるかは、その正確な数に関しては統計不能となっています。身近なところに目を向ければ、例えば地域の公民館などで、しばしば押し花教室が開かれています。皆さんも機会があったらそうしたお知らせに目を配っていてもいいのではないでしょうか。
また、最近ではギフト用の商品も通販で豊富に揃っていて、綺麗な百合を扱う通販のお店などもありますので一度見てみると良いかもしれません。

ちなみに作った押し花は何に使うのでしょうか。押し花は本のしおりとして使ったり、手紙等を出すときに中に一緒に添えたり、或いは押し花を組み合わせて一枚の絵にする押し花アートとして楽しみます。現在ではこうした押し花アートの他にも、ブーケを押し花にしたり、ネイルアートの一つである押し花ネイル等もあります。押し花は形やスタイルを変えて、人々に親しまれ続けているのです。

recommend

ジョイントカーペットの通販

最終更新日:2018/3/20