プリザーブドフラワーとは何?

長い冬が終わり、春の訪れを心待ちにしている人は数多いと思います。毎年3月になってから、あちこちで耳にする桜前線の便りに、多くの日本人が心を躍らせていることでしょう。私たち日本人は桜の花をこよなく愛しています。春の訪れが待ち遠しいのは、桜の花の存在に止まらず、春に多くの種類の花が咲きほこり、私たちを楽しませてくれるからでしょう。四季の変化がはっきりしている日本では、春になれば多くの花が咲き、私たちに春の到来を感じさせてくれます。四季の変化がもたらす美しさを堪能できる、私たち日本人にとってこれほど贅沢なことはないのかもしれません。 入学祝いや卒業祝い、出産祝いや内祝い、還暦のお祝いなど、季節に合った花を贈ってみたいですね。内祝いや出産祝いでは贈り物に困ることもあるでしょうから、プリザーブドフラワーを内祝いや出産祝い、誕生日プレゼントのサプライズでびっくりさせるのも面白そうです♪
ところで花を美しいと思い、それを愛でる心を持っているのは当然私たち日本人だけではありません。世界中の人々が同じように花を愛していますし、人類も歴史上、花を愛し続けてきました。ですが、残念ながら花は永遠に咲き続けているわけではありません。時が経てば花は枯れ、消えていってしまいます。もっとも桜に代表されるように、花の持つはかなさ、散り際の美しさも、花が私たち人類を引きつける理由の一つではあるのですが。人間と同じように寿命を持つ花の美しい姿をいつまでも楽しんでいたいと、人類はどうすれば長い時間花の美しさを保ち、それを楽しみ続けることができるかを考えてきました。それはまるで古代から人類が不老長寿のための様々な方法を模索し続けてきたことと合い通じるものがあります。花の美しさをいつまでも楽しみたいと思う人類は、様々な技術を考え出してきました。それが例えば私たちもよく知っている押し花やドライフラワー、それにアートフラワー等といったものです。そしてそれらを更に発展させたような形で誕生したのがプリザーブドフラワーと呼ばれるものです。このプリザーブドフラワーはまさに花の美しさを永遠に楽しみたいと願う人間の努力が結晶したものだと言ってもいいでしょう。皆さんはこのプリザーブドフラワーという言葉を聞いたことがありますか。先に紹介した押し花やドライフラワー等と違って、このプリザーブドフラワーは皆さんにとってあまり馴染みがないかもしれません。そこで今日はこのプリザーブドフラワーについて簡単に紹介をしていきます。これを読んでプリザーブドフラワーを知ったという方が、このプリザーブドフラワーの持つ美しさと魅力に触れ、これから少しでもプリザーブドフラワーについてもっと知りたいと思ってくだされば幸いです。 上で紹介したとおり、そもそもプリザーブドフラワーや押し花、それにアートフラワーやドライフラワーといったものが生まれたのも、人間がいつまでも花の美しさを楽しんでいたいと願う思いからでした。花の美しさを保つのなら、そしてもしそれが可能なら、最も美しく、瑞瑞しい状態で保っていたいと思うものです。プリザーブドフラワーが他の技法と異なるのは、花の一番美しい状態のときに、花が自らの力で有機物と色素を吸い込み、そうして美しさと瑞瑞しさを保つことです。しかも驚くべきことに、それで数年に渉って美しさを保つことができます。花が何年も美しさを保つなんて一見信じられないような話ですが、これこそまさに花を愛する人類の英知の結晶だとも言えます。
プリザーブドフラワーがギフトとして人気の理由の一つは美しさが保たれる点でしょう。 皆さんがもし実際にプリザーブドフラワーを目にしたら、そのあまりの美しさとリアリティーにきっと驚くことでしょう。恐らく本物の生花と見間違ってしまうでしょう。ですが本物の生花と異なり、このプリザーブドフラワーは水を与える必要がありません。また現実にはない色合いの花を、このプリザーブドフラワーによって作り出すことができます。非常に芸術的な花とも言えるでしょう。プリザーブドフラワーのそういった長所からもプリザーブドフラワーギフトの定番になってきたのでしょう。

ここまでざっと簡単にプリザーブドフラワーについて紹介しましたが、皆さんはいかがお考えになったでしょうか。何だかとても美しく、そして神秘的だと思えてきましたか。このように美しく、そして神秘的なプリザーブドフラワーについて、この後その秘密など、もっと詳しく紹介していくことにします。これを読み終わった後、皆さんもきっとプリザーブドフラワーについて詳しくなっていることでしょう。

Valuable information

Last update:2019/3/19